ビーナスポイント

現在遊べるオンラインカジノから出金するとき、最も手数料が安い電子マネー。

 

それがビーナスポイントで、全てのカジノで決済として利用できるわけではありませんが、最近は使えるカジノが増えてきました。

 

登録は無料で維持費もかからないから、電子マネー口座を持ってない方はとりあえず口座開設しておくことをオススメします。

 

以下はビーナスポイントの手数料や、その他の特徴などをまとめてみました。

 

ビーナスポイントはポイントサイト

まずビーナスポイントというのは、ドルやユーロで表示されているのではなく、いわゆるポイントサイトのように単位が「ポイント」と表記しています。

 

1ポイント1ドルとなってて、出金することを「換金」という表記になってるので注意してください。

 

ビーナスポイント 手数料

ビーナスポイントの最大の魅力である、自分の銀行口座へ出金するときの手数料についてまずは解説していきます。

 

現在は(2019年3月現在)出金するとき「当日と翌日が平日」は350ドル未満の場合、1.3ドル。

 

350ドル以上の場合は上限なしで手数料が無料です(5万ドル以上の出金は事前に連絡が必要)

 

「当日か翌日が土・日・祝日」でも、900ドルにつき2.9ドルという手数料の安さ。

 

エコペイズやアイウォレットやスティックペイと比べると、とてつもなく出金するときに引かれる手数料が安いのです。

 

ビーナスポイント 入金できない

ビーナスポイントは他の電子マネーよりも手数料が遥かに安い・・ですがデメリットもあります。

 

それが、ポイントサイトがゆえに直接入金することができません。

 

エコペイズやアイウォレットやスティックペイは、直接入金をしてオンラインカジノへ入金することができます。

 

しかし、ビーナスポイントは現金を入れることができないので、クレジットカードが使えるオンラインカジノでカード入金し、勝ったときにビーナスポイントへ出金して現金を入れる方法しかないのです。

 

ビーナスポイントはこんな人にオススメ

ビーナスポイントの利用をオススメしたいのは、クレジットカードで入金をする方に限ります。

 

流れとしては「オンラインカジノにクレジットカードで入金」⇒「勝ったらビーナスポイントへ出金」⇒「自分の銀行口座へ出金」という感じですね。

 

すぐに出金しなくてもビーナスポイント内でプールしておき、またオンラインカジノで遊びたくなったら入金するという方法もあります。

 

すでにエコペイズやアイウォレットの口座を持ってる方は、今すぐに口座を作る必要はないですが、今現在電子マネーの口座を持ってない方は無料で口座開設しておきましょう!